sitetitle

新築一戸建て購入は条件を確認せよ

新築一戸建ての販売物件の中には、建築条件付き土地で住宅をこれから建築するような物件もあります。この場合、販売側の指定する業者と一定期間内に建築工事請負契約を交わします。土地の関する売買契約を結んだ後で、指定された建築業者と打ち合わせをするわけですがもし期間内に話がまとまらなかった場合には、土地の契約も白紙撤回されます。この打ち合わせは重要で、土地を購入した人の「こんな住宅にしてほしい」という意向がきちんと業者と共有されているかがポイントです。

また不動産会社の中には、土地の契約と建築工事請負契約を一緒に行おうとする業者もあります。これは宅地建物取引業法や広告の表示に関する公正競争規約の違反に該当する可能性があります。このような業者と取り引きしないように注意しましょう。場合によっては土地の契約を交わしてから、実際に建設工事に移行し建物の引き渡しまで1年以上を擁する可能性もあります。このような時間的猶予をきちんととれているかどうか、確認することです。

新築一戸建ての中には、いわゆる建売住宅もたくさんあります。通常は建築工事がある程度の段階まで進んだ状態で販売されます。しかし一部、まだ着工に入るまでに物件が売られることがあります。この場合、希望すれば多少の設計変更に対応してくれる場合があります。もしかすると追加費用を請求される可能性はあるものの、自分の理想の住宅により近づけられるのでチェックしてみてはいかがですか。