sitetitle

マイカーで考える新築一戸建て選び

新築一戸建てで車庫のついている物件はかなりの数に上ります。この車庫スペースがマイカーにとって妥当な広さかどうか、意外とチェックで見落としている人もいます。その結果マイホームを購入した後、車庫入れで苦戦するケースも見られます。駐車場整備推進機構という財団法人が発表している資料を見てみると、一戸建ての住宅で自動車1台あたり必要な駐車スペースは小型自動車で長さ5×幅2.6メートルとされています。ちなみに軽自動車は同じく4×2.2メートル、大型の普通自動車だと5.9×2.9メートルになります。

ちなみに建築士などの話を総合すると建売住宅を建築するにあたって、5×2.5メートルの駐車スペースを最低ラインと考えてレイアウトを考えるようです。しかし実際問題として、所有している車が5ナンバーであったり、スペース自体がそれ以下しかないような物件もあるようです。もし車庫スペースを考えるのであれば、乗っている自動車の全長にプラス最低80cmは奥行きがほしい所です。また自動車の全幅に対しては130cm程度の余裕のある車庫があると、駐車がスムーズになります。

家族で自転車やバイクを使っている人がいれば、そのスペースも想定しておきましょう。自転車1台あたり、1×2メートル程度のスペースがどうしても必要です。またバイクに関しては、やや大きめのバイクになると自転車以上のスペースが必要です。車庫と別のスペースがあれば良いですが、たいていの新築一戸建ては車庫の中に収納する形になるでしょう。それなりのスペースが必要だと考えましょう。