sitetitle

プラン変更のリミットを知っておく

モデルハウスの見学の際、購入予定物件と全く同じ間取りや内装の物件を見学できるわけではありません。基準となるプランのモデルハウスから、自分たちの家となる住居を想像するしかありません。しかし、モデルハウスは必ずしも標準仕様で作られているわけではありません。買い手に魅力的に映るように追加料金で可能となるオプション仕様も盛り込まれています。その仕様を選択する場合、工事スケジュールの関係でこの日までに決めてくださいという期限が必ずあります。それを知らずにいると、好みの仕様ではない住居を購入する羽目になります。

建具の種類を変えたり、壁紙のデザインを選んだりといったことは工事工程の中でも後の方の作業になるのでさほど心配しなくても構いません。しかし、間取りを変えるなどの物件全体に関わるようなプラン変更はかなり初期段階で決めておく必要があります。それによって柱の位置や壁の位置が変わるからです。施工工程がそのまま進んでいった場合、後になってから変更したいと申し出ても不可能です。そもそも変える気が無いのであれば問題はありませんが、少しでも検討しているのであれば注意が必要です。

新築一戸建てを購入する場合は、必ず建売であっても選べる仕様や変更できる箇所があるのかどうかを確認しておきます。また、それはいつまでに決めるべきことなのかの期限も知っておきましょう。期限が迫ってから慌てないためにも、最初の見学の際には確認をしておくと良いでしょう。モデルルームなどで確認できることはしっかり確認しておき、決断のときの判断材料を多くしておくと後悔しない選択ができるようになります。